パソコンはリースがお得!!その理由は

オフィス用のパソコン。どうやって揃える?

企業規模の大小に関わらず、オフィスのパソコンをどのように調達するかは、経営者や現場のマネージャにとって悩ましい問題です。
業務に必要な台数、使用する期間、かけられる費用、性能などの観点も総合的に考慮し、最適な選択をしたいものです。
パソコンを「購入」という手段で揃える場合は、購入時のコストだけではなく、パソコンにトラブルが発生した時のメンテナンスや、OSやソフトの更新などランニングコストも含めて意識する必要があります。
さらに最終的には耐用年数が経過したときの廃棄方法やそれにかかる費用も遅かれ早かれ考える必要が出てきます。
これらのコストは、できるだけ軽減したいものですが、何か良い方法はあるのでしょうか?

オフィスパソコンのリースはメリットがたくさん。

オフィスで使用するパソコンを「購入」するのではなく「リース」によって揃えるという選択肢もあります。 リースでは、契約次第では業務状況に応じてパソコンの台数を増やしたり、減らしたりしたいという要望にも対応できますし、ある程度長期期間の契約をすることによってOSやソフトを購入せずとも更新ができる場合もあります。 リース業者によっては、パソコンに不具合が起きた場合や、トラブルが発生した際に駆けつけ対応してくれたり、場合によっては交換してもらえるという、購入では得られないアフターフォローによるメリットも得られます。 さらに、パソコンは契約終了時にリース業者に返却すれば良いだけなので、廃棄方法や費用も考える必要がありません。 オフィスのパソコンを揃えるにあたり、選択肢の一つとして様々な契約の形態がある「リース」を検討してみるのも良いかもしれません。