差がつく!!パソコンの選び方と上手な節電方法

今一度PC環境を見直して節電を

PCは仕事を効率的に進める上で欠かせないアイテムです。企業の節電対策が求められている中で、使い方や設定を今一度見直すことで大幅に節電できる可能性があります。オフィスのPCをデスクトップPCから、ノートPCに替えることにより電気料金と消費電力を削減できます。ノートPCは一般的なデスクトップPCに比べて、消費電力が約三分の一以下です。会社で複数台のPCを使用する際、ノートPCを選択することで大幅に節電が可能です。また、最新のPCは省エネ化が進んでいるため古いPCを使い続けるより、新しいPCに買い換えることで消費電力の削減を期待できます。消費電力は機種によって異なりますが、デスクトップPCよりノートPCの方が圧倒的に電気代を節約できます。

メンテナンス内容などを事前に確認する

パソコンを使用する時にディスプレイの輝度を調整し、PC画面の明るさを落とすことで消費する電力を抑えることができ節電につながります。PCを購入する方法もありますが、パソコンをリースして仕事に活用する方法もあります。リースする際は、各サービスのサイトなどで、PCのメンテナンスがしっかりされているか、サービスがきちんと行き届いているかなどを事前に確認しておくと安心でしょう。リース中のメンテナンスについては代替え機を用意していたり、無料で修理を受け付けているサービス会社もあり、提供するサービス内容はさまざまです。リースが終了後には、ほとんどのサービス会社でデータを完全消去してくれます。リースを利用する際、気になることがある場合はサービス会社に問い合わせてみましょう。